中国版イーサリアムと呼ばれる仮想通貨NEO(ネオ)とは?購入方法・価格・チャート・将来性について徹底解説!


仮想通貨NEO(ネオ)とは

仮想通貨NEO(ネオ)は分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームであり、中国版イーサリアムという言い方をされることが多いようです。元々は、Antshares(アントシェアーズ)という名前で知られていました。NEOの説明については、公式サイトには以下のように記載されています。

NEOは、スマートな経済プラットフォームであり、それは「デジタル資産」、「デジタルID」、「スマート契約」の統合、新しいスマート契約システム、新しいクロスチェーン契約、新しい抗量子暗号、新しい分散ストレージを導入する仕組みです。

仮想通貨NEO(ネオ)の概要(基本情報)

仮想通貨NEO(ネオ)の基本情報は以下の通りです。

通貨単位

通貨単位はNEOです。

運営会社

NEO(ネオ)の運営会社は、Onchainという中国のスタートアップ企業です.。

参考:onchain

創設者

OmiseGOの創設者は、

  • Jun Hasegawa
  • Donnie Harinsut

の2名。

価格

2017年8月25日現在において、NEO(ネオ)の価格は$41.895です。ICO STATSによれば、ICO時の価格が$0.032なので、1300倍近くなっていることがわかります。

発行枚数

発行枚数は1億枚です。ICOではその50%にあたる5000万枚が発行されました。残りは2017年10月16日まではロックされており、ロック解除後はNEO開発者やNEO理事会に配布されます。

時価総額

2017年NEO(ネオ)の時価総額は$2,101,670,000 であり、仮想通貨時価総額ランキングで9位につけています。詳細については、以下のサイトをご覧になると良いと思います。

参考:CryptoCurrencyMarketCapitalization

リリース日

リリース日は、2016年10月26日です。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとして、dBFTコンセンサスを採用しています。

専用ウォレット

NEOには専用ウォレットとしてNEON Walletが存在します。

ホワイトペーパー

NEO(ネオ)ホワイトペーパーはこちらからご覧下さい。

参考:NEO White Paper





Ethereum(イーサリアム)とNEO(ネオ)の違い

分散型アプリケーション構築のプラットフォームとしては、NEO(ネオ)の他にもイーサリアムがありますが、イーサリアムは開発者がSolidityでプログラミングを学ぶ必要がありますが、NEOはMicrosoft.net、Java、Kotlin、Go、Pythonなどのコンパイラを介して、ほぼすべてのプログラミング言語をサポートし、開発者がスマートコントラクトを簡単に記載できると言われています。要するに、NEO(ネオ)の方が開発者にとって分散型アプリケーションを構築し易いのです。

仮想通貨OmiseGo(オミセゴー)の評判・口コミ

仮想通貨NEM(ネム)の評判・口コミは以下の通り。

ポジティブな評判・口コミ

ポジティブな口コミについては、以下の通り。


最近高騰している。ポテンシャルは非常に高い。

中国版イーサリアム。間違いなくこれから来る仮想通貨。

スマートコントラクトは必ず来る。スマートコントラクト銘柄として張っておくべき。

ネガティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミについては以下の通り。


あまりメジャーではなく、まだまだよくわからない。様子見段階。





仮想通貨NEO(ネオ)の将来性

新規事業の成功のために必要なことは、

  • 将来有望な市場において
  • 適切なタイミングで参入すること

にあると思っていまして、中国という有望な市場において、分散型アプリケーションのプラットフォームとなることを目指すNEO(ネオ)はかなり有望だと思います。私も、次回の暴落時にいくらか購入したいと思います。

仮想通貨NEO(ネオ)を購入することができる仮想通貨取引所

そんな将来有望なNEO(ネオ)ですが、購入することができる取引所はBittrex(ビットトレックス)です。Bittrex(ビットトレックス)の口座開設はこちらからどうぞ。

Bittrex

また、Bittrex(ビットトレックス)にビットコインを送金するためには、国内の仮想通貨取引所で口座開設を済ませておくことが必要です。国内の仮想通貨取引所としては、

  • Coincheck(コインチェック)
  • Bitflyer(ビットフライヤー)
  • BITPOINT(ビットポイント)

あたりがありますが、使いやすさの観点からCoincheck(コインチェック)がおすすめです。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

また、コインチェック以外の仮想通貨取引所についても以下の記事で一覧を記載しているので、ご覧頂けると幸いです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するならココ!おすすめの取引所を比較しながら徹底解説します!

仮想通貨OmiseGO(オミセゴー)を学ぶ上で知っておくべきページ





 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICOで90億円調達!仮想通貨TenX(PAY)とは?購入方法(買い方)・取引所...

仮想通貨「Factom(ファクトム:FCT)」の購入方法(買い方)は?メリット・...

仮想通貨「Monero(モネロ)」の購入方法(買い方)は?仕組み・メリット・デメ...

イーサリアム(Ethereum)とは?購入方法・特徴・魅力・メリット・おすすめの...

仮想通貨「DASH(ダッシュ)」の購入方法(買い方)は?メリット、デメリット、お...

仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash:BCH)」とは?購入...