仮想通貨「Lisk(リスク)」の購入方法(買い方)は?仕組み・メリット・デメリット・おすすめのポイント・今後の将来性について徹底解説!






仮想通貨「Lisk(リスク)」とは

仮想通貨「Lisk(リスク)」とは、JavaScript開発者のためのブロックチェーンプラットフォームです。

仮想通貨「Lisk(リスク)」の概要(基本情報)

仮想通貨Lisk(リスク)の基本情報は以下の通りです。

通貨単位

通貨単位はLISKです。

運営企業

Lisk(リスク)の運営企業は、

イーサリアムと同様、スイスのツークに財団を立ち上げています。

補足:仮想通貨の財団はスイスに拠点を置くことが多いですが、その理由としては、

  • 簡単に迅速に会社を設立できる
  • 政府からの支援がある

などがあります。

創設者

Lisk(リスク)の創設者は、

  • Max Kordek(マックス・コーデック)
  • Oliver Beddows(オリバー・ベッドウズ)

Max Kordek(マックス・コーデック)の経歴は以下の通り。

Max is a futurist and thoroughbred entrepreneur who is interested in disruptive technologies. Having a rich experience in the blockchain industry and seeing the potential of blockchain-based applications, he co-founded Lisk. A blockchain application platform for JavaScript developers which caused a stir when it collected 14000 BTC in its crowd fund early 2016.

Oliver Beddowsの経歴は以下の通り。

Oliver is a full stack developer with over 15 years experience in building mission critical enterprise applications. He co-founded Lisk with the view to inspire and enable developers to build the decentralised applications of their dreams, with an unparalleled degree of simplicity and ease. He is a husband, father, open-source advocate, blockchain enthusiast, and works tirelessly to build a better future for Lisk everyday.

その他のチームメンバーについては以下をご参照。

参考:Team

価格

2017年9月19日現在において、Lisk(リスク)の価格は711円です。

発行枚数

仮想通貨「Lisk(リスク)」の発行枚数に上限はありません。

時価総額

2017年9月19日現在において、仮想通貨「Lisk(リスク)」の時価総額は $720,110,740であり、仮想通貨時価総額ランキングで14位につけています。詳細については、以下のサイトをご覧になると良いと思います。

参考:CryptoCurrencyMarketCapitalization

リリース日

仮想通貨「Lisk(リスク)」のリリース日は、2016年5月です。

アルゴリズム

Lisk(リスク)のアルゴリズムは、DPOS(Delegated Proof of Stake)です。

DPOS(Delegated Proof of Stake):

  • Proof of Stakeの進化系
  • BItsharesやLiskで利用されているコンセンサス・アルゴリズム

ホワイトペーパー

仮想通貨「Lisk(リスク)」のホワイトペーパーはこちらからご覧下さい。

参考:ホワイトペーパー

公式サイト





仮想通貨Lisk(リスク)の特徴①:マイクロソフトがパートナーシップを組む

仮想通貨「Lisk(リスク)」には、マイクロソフトがパートナーシップを組んでいます。

仮想通貨Lisk(リスク)の特徴②:JavaScriptで開発することができる

イーサリアムと異なり、Lisk(リスク)はJavaScriptで開発することができます。イーサリアムの場合は、新たにSolidity(ソリディティ)というプログラミング言語を学ぶ必要がありますが、Lisk(リスク)の場合は、多くのエンジニアにとって馴染みの深いJavaScriptで開発することができるのが特徴的です。

仮想通貨Lisk(リスク)の特徴③:サイドチェーンを活用しているため、ハードフォークを回避することができる

イーサリアムと異なり、Lisk(リスク)はサイドチェーンを活用しているため、万が一、バグが発生しても、ハードフォークを回避することができます。

また、サイドチェーンを使用しているため、承認時間が10秒間と非常に短くなっています。

仮想通貨Lisk(リスク)の評判・口コミ

仮想通貨Lisk(リスク)の評判・口コミは以下の通り。

ポジティブな評判・口コミ

ポジティブな口コミについては、以下の通り。


スマートコントラクト銘柄として生き残っていきそう。

JavaScriptで開発できるのは普及しそう。

ネガティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミについては以下の通り。


イーサリアムのようにメジャーになるかどうかは未知数。





仮想通貨Lisk(リスク)の将来性

スマートコントラクト銘柄として、イーサリアムに次ぐ存在となる可能性があり、将来有望な銘柄だと思います。競合としては、

  • Waves
  • Neo

あたりでしょうか。

仮想通貨Lisk(リスク)を購入することができる仮想通貨取引所

そんな将来有望なLisk(リスク)ですが、購入することができる取引所はコインチェックです。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

また、コインチェック以外の仮想通貨取引所についても以下の記事で一覧を記載しているので、ご覧頂けると幸いです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するならココ!おすすめの取引所を比較しながら徹底解説します!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨「Augur(オーガー):REP」の購入方法(買い方)は?仕組み・メリッ...

「Numeraire(NMR:ヌメライ/ニューメライ)」とは?データサイエンティ...

仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」の購入方法(買い方)は?仕組み・メリット...

仮想通貨「Factom(ファクトム:FCT)」の購入方法(買い方)は?メリット・...

イーサリアム(Ethereum)とは?購入方法・特徴・魅力・メリット・おすすめの...

仮想通貨「DASH(ダッシュ)」の購入方法(買い方)は?メリット、デメリット、お...